マイ楽器を思いっきり演奏したくなったら?

 

電子楽器なら、ヘッドフォンでなんとかなるかもしれませんが。

バイオリンやサックスなどの生楽器やアコースティック楽器の場合、やっぱり自由気ままに練習するのは難しいのが住宅事情というもの。特に住宅密集地やアパート・マンションなどの集合住宅の場合、近隣への迷惑を考えると悩んでしまいます。

例えば河川敷の橋の下などを利用している方も少なくないようですが、実は思いのほか騒音が激しく、楽器の音に集中できないためにお勧めできない、という意見も。どんな楽器を練習するかにもよりますね。

楽器の練習をするには、どうしても広い土地の一戸建てでなければならないのでしょうか。そんなはずはありません。だってたくさんの人が楽器演奏を楽しんでいるのですから。

でもいったいどこで練習しているのでしょう…?

 

意外と多い、音を出せる施設

多くの方に尋ねてみると、意外と練習場所があるようで驚かされます。これから楽器を始めよう、将来は楽器を練習しやすいところに住もう、と考えているのであれば、すでにこうした課題をクリアしている方の対処法は参考になります。

よく耳にするのが、近所のカラオケボックス。お店によっては楽器練習を禁止しているところもあるようですが、住宅事情を理解している地域のカラオケボックスなどでは親切に応じてくれる場合もあるのだとか。平日の昼間など、お客さんが少ないときは意外と使える練習場なのだそうです。

公民館市民ホール区民センターなどに音楽練習室が設けられていることもありますし、一部屋を借りて練習しているという方もいらっしゃいます。そうした公共施設は安価で市民・区民であれば借りることができ、しかも昼間はかなり空いている地域もあるそうです。

駅付近であれば、最近では個人練習用に低い料金帯を設定している貸しスタジオも増えているようです。

 

なるほど、こうしてみると、楽器の練習場所を見つけることができそうですね。マンションが集まっている地域などは、意外なほどこうした練習場を探しやすいかもしれません。

 


The following two tabs change content below.
ilodolist編集部

ilodolist編集部

人生を楽しく、豊かに、彩る情報をお届けするWebマガジン。住まいと暮らしを「彩る」人=「ilodolist」が、あなたのくらしを豊かにするヒントを提案します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

セミナー案内

  1. 8月度 マンション管理セミナー開催のお知らせ

イロドリストなブロガーたち

ページ上部へ戻る