空が近い。空中ガーデンを味方につけたマンションデザイン

 

マンションの暮らしにおける公共スペースといえば、地上のガーデンや建物内の設備ということになるのが一般的。

140212sky02

ところが、ボストン、シンガポール、イスラエル、トロントと4拠点にオフィスを構えるSafdie Architects社が、シンガポールのレジデンシャル開発プロジェクトに向けて設計企画した「Sky Habitat」は、空中庭園をふんだんに取り入れたような、とてもさわやかな印象のマンションデザインなのです。

140212sky01

2棟の建物を結ぶ渡り廊下を、緑が映えるガーデン通路に。屋上階の渡り廊下は空中プールを楽しめます。だけど風が強そう…。

140212sky05

各世帯のバルコニーも階段状になっていて、グリーンにとってよく陽が当たる総合的な工夫が施されています。

140212sky03

マンション生活というと、どうしても「密集したアーバンライフ」という考え方をしがちですが、日本でも意外とリゾートマンションなどが立ち並ぶ地域もあり、こうしたところにはこんなデザインが採用されても面白いのではないかと感じます。

日本は地震大国のため、なかなか自由な発想での建築設計ができないという難しさもあるのですが、こんな風に開放的で快適なシェアスペースを生み出すヒントとなるデザインが、海外にはたくさんあるんですね。

 

Sky Habitat | Safdie Architects [via Arch2o]
Bishan Residential Development [Safdie Architects]

 


The following two tabs change content below.
ilodolist編集部

ilodolist編集部

人生を楽しく、豊かに、彩る情報をお届けするWebマガジン。住まいと暮らしを「彩る」人=「ilodolist」が、あなたのくらしを豊かにするヒントを提案します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

セミナー案内

  1. 8月度 マンション管理セミナー開催のお知らせ

イロドリストなブロガーたち

ページ上部へ戻る