マンションでの引越しをスマートに進めるコツ

 

今年も引越しのシーズンがやって来ましたね。

マンションならではの注意事項と併せて、引越し作業をスムーズに進めるコツをご紹介しましょう。

 

#1 引越し前に準備しておきたいこと

まずは準備。スムーズに荷造りするには、引越し先での家財道具の配置をあらかじめ決めておく必要があります。新居の間取り図を見ながら配置プランを決め、それに沿って必要なダンボール箱を用意します。

それと引越しの際に出てくるゴミを新居に持って行かなくて済むよう、ゴミの収集日を前もって確認しておきましょう。

マンションで特に気をつけたいのは、引越し作業の時間帯。作業の音が上下階に響くことを考える必要があります。例えば、棚などの大きなものはなるべく日中に、衣類などは平日夜に梱包作業をするなど、他の住人の生活状況に合わせて予定を調整しておきましょう。

 

#2 スマートな荷造りと梱包の方法

引越しには、大量のゴミが付き物。短時間でゴミ出しと荷造りをするためには、「捨てながら荷造りする」ことを心がけましょう。マンションの限られた空間でも、効率的に作業を進められます。

梱包する順番も大切です。季節ものの衣類など、生活必需品以外のものから梱包して部屋の隅に置いておくと邪魔になりません。一度梱包したものを使いたくなり開封してしまうことも避けられます。

また、「荷解きの作業を考えながら梱包する」ことも大切です。本などの重いものはなるべく小さい箱に詰めるのは半ば常識。メゾネットタイプ(2層型)の部屋の場合には、特に要注意です。

新居でスムーズに荷解きをして片付けを終わらせるため、梱包済みのダンボール箱に中身や置き場所を書いておきましょう。引越し業者も迷わずに作業できるので、きっと喜ばれますよ。

 

#3 荷解きにも優先順位を設ける

入居した日にすべて片付けを完了させるのはやっぱり疲れますよね? 荷解きにも優先順位を付け、すぐに使う必要のあるものから順番に収納していきましょう。忙しくて一度に引越し作業ができない場合は特に有効です。

最後に、引越し作業に夢中だと忘れがちな、ご近所への挨拶について…。

賃貸物件の場合、大家さんに挨拶する方は多いと思いますが、両隣りと上下階の部屋にも粗品を持って挨拶しておくのがおススメです。

引越しシーズンは、それ以外にも何かと忙しいもの。効率的に作業を進めて、スムーズに新生活を始められると良いですね。

 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

セミナー案内

  1. 【終了しました】5月度 マンション管理セミナーのお知らせ

イロドリストなブロガーたち

ページ上部へ戻る