東京電力の「でんき家計簿」って、けっこう使える!

1denryoku

 

「ウチが支払ってる電気料金って、いくらだっけ?」

節電に興味をお持ちの方でしたら、家計簿や管理簿を作って継続的に見ているかもしれません。

でも「チェックする時間もなかなかないけど、やっぱり知りたい」という方のために、東京電力が提供する「でんき家計簿」というWebサービスがあります。

index-j_h2_01

このサービスは毎月消費した電力量と、その電気料金を2年前までさかのぼって4種類のグラフと表で確認できるんです。

節電を意識されているご家庭にはチェックツールとしてお勧め。利用は無料です。

それでは、確認できる情報を順に見ていきましょう。

 

1.電気の使用量をグラフで見てみる

直近1年間の毎月の電気使用量が対前年比付きで直感的で分かりやすいグラフが表示されます。

同じ容量を契約しているご家庭の平均値が赤い折れ線で示されます。

家族構成や生活パターンによっても左右されますので参考ということになりますが、比較対象としては面白いですね。

時間帯別電灯契約をしていると朝昼夜料金が色分けして示されます。

1denryoku

 

2.電気料金をグラフで見てみる

毎月の電気料金を、こちらも2年前までさかのぼって見ることができます。

前出の電気使用量グラフとの対比して見ると、電気使用量が減っているのに電気料金が増えている月があることも確認できます。

2denkiryoukin

 

3.電気使用量と料金一覧をグラフで見てみる

グラフの元になる数字の一覧が確認できます。データをダウンロードできますので、エクセルで管理したい方も便利に使えそうですね。

3tsukibetsu

 

4.当月の詳細を見てみる

利用期間、検針日等が確認できる 今月の明細です。

前出3つの図表のベースとなる数字ですね。

4tougetsu

 

利用方法

この「でんき家計簿」サービスのご利用には東京電力のホームページで会員登録する必要があります。

また、登録にはメールアドレスと検針票に記載された「お客様番号」等の情報が必要です。

登録の流れは動画まで準備されていますので、不慣れな方でも登録はスムーズにできそうですね。

ご家庭の電力事情が簡単につかめる良いサービスだと思います。

 


The following two tabs change content below.
橘 馨

橘 馨

株式会社たちばな代表取締役 LED導入コンサルティングを通して、既築マンションの共用部LED照明化を推進。既存設備が耐用可能な場合はLED管球交換を優先させる省エネ少廃棄物プランでコストパフォーマンス向上を目指している。また設備導入プランナーとしてエコでコストパフォーマンスに優れたマンション用設備、店舗向けの意匠LED照明も手掛ける。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る