自転車とテレビが融合!? 車輪付きの「テレビスタンド」登場

 

オシャレなテレビスタンドを発見です。

液晶テレビが薄型になったおかげで、部屋での置き方もいろいろと工夫ができるようになりました。しかし、壁掛けがあまり好まれない日本の住宅事情を考えると、このようにテレビをインテリアの一部にしてしまうのも良いアイデアかもしれません。

こちらの商品はニューヨークのデザインスタジオ「CW&T」が制作している「TV BARROW」というテレビスタンド。自転車のフレームとタイヤを使い、まるで自転車とテレビが融合したようなデザインになっています。

140819TVB02
140819TVB03
140819TVB04

見た目だけではなく、持ち手とタイヤがあるおかげで部屋の中をラクラク移動できて意外と実用的かも。テレビとして使うのはもちろん、パソコンやタブレットとWi-Fiで繋げて「サブディスプレイ」として使うと、さらに使い勝手が良さそうです。

テレビサイズは32~42インチぐらいまでなら対応可能。フレーム+タイヤ付きの価格は、日本円換算で56,000円ほど。公式サイトで販売もしているようですが、現在は在庫切れのようです。気になる方はこちらをご覧ください。

自分でも作れそうなほどシンプルですが、実際に作るとなると、フレームを溶接したり研磨したりと、素人にはなかなかできるものではありません。

こんなプロダクトがひとつあるだけで、家の中がちょっと楽しくなりそうですね。

いつの日か、こんなテレビスタンドが似合う部屋に住みたいものです。

 

TV BARROW [CW&T]

 


The following two tabs change content below.
稲崎 吾郎

稲崎 吾郎

武蔵野美術大学でインテリアデザインを専攻。卒業後は設計事務所でデザイナーとして働く。現在は国内外のアート、デザインなどを中心に執筆するフリーライター。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

セミナー案内

  1. 【受付終了】10月度 マンション管理セミナー開催のお知らせ

イロドリストなブロガーたち

ページ上部へ戻る