あえて中古マンションを選ぶという選択

分譲マンションでは100%満足は有り得ない!?

マンションに住むときは、すでに出来上がったプランの中から間取りを選ぶことになります。新築分譲マンションの中には、早いうちに申し出れば多少のアレンジが可能なケースもありますが、かなり少数派です。

ですから間取りの中で「ここが不満」という箇所がどこかにあるのは、しょうがないことかもしれませんね。もしくは長く住んでいるうちに「現状の生活と間取りが合わない」と感じる時も来るかもしれません。家族構成はあるスパンで変化していくものですから、これもしかたないことです。

では、そんな時、どうしたらよいでしょうか。

リフォームで自分にあう間取りにする

一つの方法として「住み替え」があります。「あわない」と思ったら次の家を探して引っ越す。賃貸マンションであれば比較的しやすいでしょうが、もし分譲マンションを購入した後であれば、そう気軽にできることではないですよね。

では、分譲マンションを購入してしまったら、暮らしにあわない間取りでも、我慢しなくてはならないのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。守らなければならない規約などはありますが、マンションでもリフォームで間取りを変えることは可能です。

住宅の一部のみもできますし「スケルトンリフォーム」といって、柱や梁などの構造躯体だけを残し、その他の部分をガラリと変えるリフォームも可能です。

あえて中古マンションを選ぶという選択

今はあえて中古マンションを購入し、その後リフォームをして住む人も増えています。新築マンションを買うより格安で、さらに自分の暮らしにぴったりな間取りにでき、内装などにも好みを反映させた住まいにできるのですから、こだわりのある人に向く方法といえるでしょう。

ただし中古マンション購入には気を付けたいこともあります。古い物件の中には耐震性が十分でないものや、見えない部分で経年劣化が進んでいるものもある可能性があるため、新築物件を選ぶ以上に気を付けてマンションを選ぶ必要があるということです。

中古マンション購入で失敗しないためには

もしご自身での判断が難しかったら、専門家によるホームインスペクション(住宅診断)や既存住宅性能評価を受けた物件だと安心です。現況の傷み具合や将来必要になるであろう改修の程度、それにかかる費用の目安などがわかるからです。それらを把握しておけば予算も立てやすくなります。

むやみに心配するのではなく、もちろんノーチェックで買うのでもなく「状態を把握して購入すること」。これが中古マンション購入で失敗しないために大切なことだといえるでしょう。


井上恵子

井上恵子住まいのアトリエ 井上一級建築士事務所主宰

投稿者プロフィール

一級建築士・インテリアプランナー。大手建設会社の設計部に約15年間勤務し、主にマンションの設計・工事監理を担当。独立後はマンションの性能や品質、間取り、子育てマンションなどを中心に多数の記事をWeb、新聞などに執筆。情報総合サイトAll About公式ガイド。マンション購入セミナーの講師なども行う。女性目線を大切に、みなさんの安心・安全な住まい選びのお手伝いをサポートしていきたいと考えています。著書に「住宅リフォーム計画」(共著、学芸出版社)「大震災・大災害に強い家づくり、家選び」(朝日新聞出版社)など。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

セミナー案内

  1. 8月度 マンション管理セミナー開催のお知らせ

イロドリストなブロガーたち

ページ上部へ戻る