狭い部屋を「くつろぎの空間」に変えるカンタン見直し術

 

ワンルームマンションに暮らしていると「狭くて何となくくつろげない」という方もいるかもしれません。

ワンルームに限らず、部屋の間取りや広さに満足していないと「引っ越したい」と思うこともあるでしょう。

でも、引っ越すにはそれなりの労力とおカネが必要になるので、言うは易く…となりがちです。

それなら、狭いマンションでもくつろげるような、心に余裕が生まれる生活をするための賢いお部屋管理術はないでしょうか…?

 

きれいにするのは「ある程度」でいい

毎日掃除をしなくても「使ったものをしまう」習慣を身に付けるだけで、部屋からゴチャゴチャとした印象がなくなります。

また、ハンディワイパーなどの手軽に使える道具を手元に置いておき、気付いた時に目につく埃を取るのもおススメです。

こうした習慣が身に付くと、忙しくて掃除ができない日が続いても、部屋がきれいな印象になります。

まずは小さなことから始めてみてはいかがでしょうか。

 

片付かない理由は収納の「使いにくさ」に

今の収納は、自分の生活スタイルとマッチしていますか?

部屋の散らかりを防ぐには、収納センスを磨くことが大切です。物が出しっぱなしになる傾向があるなら、まずは収納が使いやすい場所になっているかどうか見直してみましょう

また、どこに何をしまっているのかを把握しておくことも意外に重要。使いたいものが見つからずに、たくさんの物を出してしまって片付けが大変になることもあるからです。

 

換気や良い香りでラクラク清潔感

空気がきれいな部屋は、清潔感のある印象を受けます。

定期的に換気をして新鮮な空気を取り入れたり、空気清浄機を使ったりすると気分もリフレッシュできるでしょう。

その際、部屋の雰囲気に合った色を選ぶことも効果的です。

 

また、アロマディフューザーやアロマライトを使って好みの香りを漂わせるのもおすすめです。

部屋に染み付いたタバコなどのニオイが気になっているときや、梅雨時など湿度が気になるときに活用すると、さわやかな気分になれます。

 

どれもそんなに難しくありませんよね?

空間の限られたマンションでも、こまめに部屋を整理したり、清潔にしたりするだけで、住み心地がぐんと上がります。

毎日掃除ができないからと言って諦めずに、自分なりのくつろげる方法を探してみましょう。

 

Photo by PAKUTASO

 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

セミナー案内

  1. 【終了しました】5月度 マンション管理セミナーのお知らせ

イロドリストなブロガーたち

ページ上部へ戻る