マンションのエレベーターで「うわっ」となる4つの問題

 

基本的に共用の乗り物じゃないですか、しかも密室の…。

そう、マンションのエレベーターのことです。

毎日の生活で直面するかもしれない、決して少なくはなく、しかも簡単には改善できないというのがマンションのエレベーター問題。

21世紀になってどれだけ科学が進歩しても、今でもまだまだ悩みの種だったりするのです。例えば…

 

通勤・通学時の朝の渋滞

昔から、朝のエレベーターに渋滞は付き物。いつも以上に時間が掛かってしまいます。

もちろん複数のエレベーターが設置されて効率の良い昇降システムが構築されているような、最新式の高層マンションなども増えていますが、大多数は中古物件かも。いずれにしろ、マンションによっては一筋縄では行きません。

急いでいるなら、4階や5階ぐらいに住んでいる方なら頑張って階段で降りようとか出来ますけど、疲れてたり体の調子が悪かったりすればなかなかそうはいきませんものね。

それに、すでに大勢が乗っているエレベーターに途中から乗り込むのって、なんか勇気要ります…。人見知りが激しいなら尚更です。

 

相乗りで気まずい…

大勢が共同生活しているかのようなイメージがあるかもしれませんが、マンションの住人って、決して互いによく知り合っているわけじゃないわけですし。

一人で乗っていたら途中から誰かが乗り込んで来たり、それによって見知らぬ男女が二人っきりで乗り合いになったりとなれば、疑うわけじゃないにしてもなんとなく気まずいもの…。

最近はそれでもスマホの画面を見ちゃえば無難に過ごせるような感じですが、会話するほど親しくはないけどよく見る顔ぶれだったりしたら、逆に意識しちゃってるみたいで気になっちゃったり。

「おはようございます」「こんにちは」なんて自然に挨拶ができるマンションだといいんですけどね。

 

災害時や停電時はもう大変

これはもはや言うまでもない…。地震や停電などでエレベーターが使えない時の高層タワーマンションなんか、そりゃ大変ですよ。

例えば40階建ての上層階の場合、階段を上るのに20分掛かるそうです。時間が掛かるだけじゃないですよ、かなり足腰に負担も来るわけです。

「眺めがいい」なんて理由で高層マンションの上層階を選ぶ方でも、災害時のエレベーター問題はやっぱり気になりますよね。

 

密室内の匂い

意外と指摘されるのが、不快なニオイ。

乗り合いの際に自分が匂っているというのもなかなか指摘されず難ですが、同乗者がとても匂うという場合もキツイ。

体臭というケースもありますが、案外「強い香水」が迷惑になっていることも。特に朝のラッシュ時、大勢が乗り合わせるエレベーター内に色んな匂いが充満してたら、我慢して息を止めちゃいますよね。

会社や商業ビルならあり得ない、生活臭というのもマンションのエレベーター特有の問題。

近所の台所の匂いがカレーとか大衆が好むものなら良いのですが、受け入れがたい特殊なニオイがするお料理のニオイが充満していたり、前の乗員が持ち込んでいた何か特別なニオイのする食材や物体のニオイが残っていたり、という場合。

キツイよね。

 

そんなこんなでやっぱりいろいろあるマンションのエレベーターですが、それでも数ヶ月住んでいるうちにそれもまた風情になったりするものかも、ですね。

 

Photo by PAKUTASO


The following two tabs change content below.
ilodolist編集部

ilodolist編集部

人生を楽しく、豊かに、彩る情報をお届けするWebマガジン。住まいと暮らしを「彩る」人=「ilodolist」が、あなたのくらしを豊かにするヒントを提案します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

セミナー案内

  1. 8月度 マンション管理セミナー開催のお知らせ

イロドリストなブロガーたち

ページ上部へ戻る