一味違う! コクの深いコーヒーの淹れ方

 

コーヒーの魅力といえばその香りや味わい、雰囲気なんていうのもあるかもしれません。コーヒーの淹れ方で普及しているのはやはりドリップ式。中でもペーパードリップは手軽に楽しめる方法です。

20141012french01

コーヒーが本来持つ素材の美味しさを引き出す方法の一つがフレンチプレス(カフェプレス)です。道具は紅茶を入れるときに使うのとほぼ同じです。

挽いた粉を入れ熱湯を注ぎはじめるところから4分を計測します。最初はコーヒープレスの半分くらいまでお湯を注ぎ蒸らします。2度ほどに分けてお湯を注ぎます(画像はコーヒー1杯分)。注ぎ終わったらプレスをセットして4分経つのを待ちます。

20141012french02

4分経ったらプレスをゆっくりと下まで押し下げ、コーヒーを抽出します。

20141012french03

カップに注いだらできあがり。ドリップとはまた一味違ったコーヒーが楽しめます。

20141012french04

その理由は表面に浮いている抽出されたコーヒーオイル。コーヒー豆が持つ香りや甘み、コクの成分を多く含んでいるそうです。

たまにはフレンチプレスでいつもと違ったコーヒーの味わいを楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

 

フレンチプレスの淹れ方 [via丸山珈琲]

 


茂木健一

茂木健一

投稿者プロフィール

フリーランスのWeb Photographer。元の職業は土建屋さん。重機を自由に操っていた仕事から、時を経ていつの間にか写真やウェブの世界に。関心事は自然をありのままに撮ること、感じたままに撮ること。自分視点で物事を見つめます。[URL]

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

セミナー案内

  1. 8月度 マンション管理セミナー開催のお知らせ

イロドリストなブロガーたち

ページ上部へ戻る