「都心」って一体どこのことなの?

新築マンション市場ではこのところ「都心物件は好調、郊外物件は苦戦」などといった話が聞かれます。ところで、この「都心」とはいったいどこを指しているのか、疑問を感じたことはないでしょうか。そこで東京都の場合における「都心」について考えてみました。

 

どこまでが「都心」なのかは目的によって異なる

まず、「都心3区」といえば千代田区、中央区、港区のことであり、これは誰もが認める都心でしょう。「超都心」などと表現される場合もあります。

その一方で、東京都の各種資料やデータなどをみると「都心3区」はもちろん上記と同じで、「都心5区」という場合には、これに新宿区と渋谷区が加わります。これが「都心8区」という分け方になると文京区、台東区、豊島区が加わり、「都心10区」ではさらに墨田区、江東区が加わるようです。

ところが、同じ「都心5区」でもメディアによっては千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区のことがあり、これに台東区を加えた6区を都心とするケースもあります。この場合の6区は、千代田区を中心として千代田区に接する5区を都心としているわけです。

マンションなどの物件情報を取り扱うメディアでは、都心エリアとして千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、渋谷区の6区を掲げていることが多く、一般のイメージとしてはこれが一番近いように感じられます。しかし、他の雑誌媒体などではさらに品川区と目黒区を加えて「都心8区」としていることもあるでしょう。

行政区域的な観点ではなく、人気エリアや供給物件の動向などによって「都心」が分類される場合もありそうです。

【都心を分類するときの例】
□ 都心3区 千代田区、中央区、港区
□ 都心5区 千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区
□ 都心5区 千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区
□ 都心6区 千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区
□ 都心6区 千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、渋谷区
□ 都心8区 千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区、文京区、台東区、豊島区
□ 都心8区 千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、渋谷区、品川区、目黒区
□ 都心10区 千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区、文京区、台東区、豊島区、墨田区、江東区

 

「都心」という言葉だけでは判断できない

要するに「都心3区」以外は統一された分け方になっていないわけですが、マンションの広告などをみていると、たとえば中野区、杉並区、世田谷区あたりでも「都心の物件」として表示している場合があります。

また、報道などで「都心物件の売れ行きが好調」という場合に、単に東京23区の平均データを掲げているケースも少なくありません。地方の人からみれば東京23区のすべてが都心のように感じることもありそうです。ひとくちに「都心」といっても、そのイメージは人それぞれの感じ方や媒体の目的で変わってくるのでしょう。

さらに「新都心」「副都心」などという場合にはさまざまな意味を持つようになるほか、単に「都市の中心」という意味で、地方都市の中心市街地を「都心」と表現することも少なくありません。「都心」という言葉を見たり聞いたりしたとき、それが何を意味するのかよく見極める必要がありそうです。

 


The following two tabs change content below.
平野 雅之

平野 雅之

不動産コンサルタント会社リックスブレイン代表・宅地建物取引士・公認不動産コンサルティングマスター。東京・神奈川を中心に20年以上にわたり不動産売買取引の仲介業務に従事。豊富な実務経験をもとに、現実に即した実践的なアドバイスなどを一般消費者向けに提供しています。総合情報サイトAll Aboutで「不動産売買」のガイドを務めるほか、HOME’S、Yahoo!不動産など数多くのメディアで情報を発信。不動産購入、売却などに関するセミナー講師も担当しています。

関連記事

コメントは利用できません。

セミナー案内

  1. 【受付終了】10月度 マンション管理セミナー開催のお知らせ

イロドリストなブロガーたち

ページ上部へ戻る