デジタル「トイカメラ」で、写真を撮りまくろう

 

「デジカメをもっと気軽に楽しみたい!」という人は多いはず。

でも、「写真は好きだけど本格的に撮るにはちょっと…」「機能が多すぎてどうしていいのかわからない」と感じる方もいますよね。

以前から気になっていたトイカメラが生み出す作品を見ると、色褪せ感、歪み、ざらつきや色がべったりした感じ、ぼけ方がポエティックでとってもいいんです。それを天然でやってのけるところがこのカメラらしいところ。この仕上がりをぜひ肌で感じてみてほしいものです。

ケンコー・トキナー Kenko DSC mini

難しいことは気にすることなく写真を楽しめます。デジタルトイカメラはその名の通りおもちゃのような小さいカメラのこと。でもその性能は侮るなかれ、楽しむに十分な画像を生み出します。

 

◯肩肘張らせない手軽なその大きさ

指先でお菓子を摘むような感覚の重さはわずか約18グラム。SSサイズの卵よりも軽いんです。これならしっかり構えなくても撮れますね。きっと重さは気になりません。必要ないときはサッとバッグへ。

 

◯むしろアクセサリー感覚

持ち出すときに首から提げればもはやアクセサリー。これひとつでも十分おしゃれな感じになります。気に入ったシーンがあれば気軽にパシャッ!

ピントは固定されているので、ファインダーをのぞいてシャッターさえ押せば、お気に入りの一枚が撮れてしまうかもしれません。

 

◯このサイズで動画も撮れる

記憶媒体はmicro SDカード(128MB〜2GB)、micro SDHC(4GB〜16GB)が使用可能。音声付き動画も音声のみも記録できます。このカメラだけで作った自主制作映画を、みんなで一緒に、部屋で楽しむこともできますね。

トイカメラは小さなプラスチックレンズを通して被写体を撮影しますので、コンデジや一眼レフのようなしっかりとした写りを期待するものではありません。とはいえ、ノスタルジックとも言えるような、その写り方が女性にも大人気。トイカメラの写真ばかり集めたまとめなど見てもとても楽しいです。

お値段は手頃で3000円以下で購入できます。しかもカラーバリエーションが6種類もあるので全部そろえてお部屋のインテリアとしてもオススメできます。

その日の気分に応じて好きな色をサッとチョイス。自分の色の写真を手軽に撮ってみましょう。

動画の作例はYouTubeでアップされていましたので、参考にどうぞ。

作例写真は公式サイトや、こちらのブログで見られます。のっぺりとした空の色が、特徴的です。

 

[Photo via Kenko Tokina トイカメラ DSC mini

 


茂木健一

茂木健一

投稿者プロフィール

フリーランスのWeb Photographer。元の職業は土建屋さん。重機を自由に操っていた仕事から、時を経ていつの間にか写真やウェブの世界に。関心事は自然をありのままに撮ること、感じたままに撮ること。自分視点で物事を見つめます。[URL]

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

セミナー案内

  1. 【終了しました】5月度 マンション管理セミナーのお知らせ

イロドリストなブロガーたち

ページ上部へ戻る